デリケートゾーンの臭いは腸内環境で改善する

デリケートゾーンの臭いが強烈な人は大抵体臭も臭い場合があります。

体臭の原因は、体臭の元となる皮脂や汗が雑菌の餌となり繁殖し臭いを発することになります。
また、皮脂や汗に臭いがあるとさらに強烈な臭いを発します。
皮脂や汗の臭いの元は、肝臓で解毒できなかったガスや毒素が、一度血液に戻され、それが汗として分泌されるからです。

デリケートゾーンの臭いの元の毒素は腸内で多く作られる

デリケートゾーンの臭いの元となる毒素やガスは、主に腸内によって作られます。
原因は、便秘、消化がしづらい食品、下痢、ストレスによる腸内環境の悪化に伴う悪玉菌の影響です。
悪玉菌はアンモニアやメタンガスといったデリケートゾーンの原因となるガスを発生させ続けます。
これが体内に巡り汗として分泌されるため臭いが強烈になるメカニズムです。

デリケートゾーンの臭いを減らす腸内環境改善方法

腸内で作られる悪玉菌が発生させるガスをいかに抑制するかがデリケートゾーンの臭い対策につながります。
まずは腸内環境を良くすること、それにつきます。いかに表面的なデリケートゾーンをしっかり洗ったとしても分泌物が臭いままだといつまでたっても解決されます。まずは臭いの元となる要因を排除することが重要です。
必要なのは腸内環境を良くするためには善玉菌を増やすということです。

デリケートゾーンの臭いを防ぐ善玉菌とは

善玉菌とは腸内にいる、体の調子を整えてくれる人にとって良い菌です。人間の体内には数十億という菌がおり、善玉菌は腸内の悪玉菌を減らす、免疫力を向上させる、便通を良くさせるというからだにとって必要な菌です。
この善玉菌というのは、食事で摂取するもので、主に醗酵食品に多く含まれています。

デリケートゾーンの臭いを予防する善玉菌を増やす食品とは

デリケートゾーンの臭いを予防する善玉菌を増やす食品にヨーグルト、ぬかずけ、味噌、しょうゆ、チーズ、キムチ、納豆などがあります。こちらの食品を多く摂取することにより腸内環境が改善されます。

デリケートゾーンの臭いを解消する食品の食べる頻度や量

発酵食品は毎日食べることが望ましいです。お薬とは違い少しづつ改善するものなので今日明日で効果が実感できるものではありません。効果が改善してきたと感じるのは約二週間から一ヶ月程度は必要でしょう。
ヨーグルトは善玉菌の多く食べやすい食品なので毎日食べておきたいものです。

デリケートゾーン臭い対策と腸内環境まとめ

まずは臭い予防の原因となる腸内環境をよくすることが重要
特に醗酵食品を積極的に摂取することが良い
毎日継続して食べることにより効果を実証できる。
効果を感じるのは二週間から一ヶ月、体調的な良いベンチマークは便の出が良くなる色は黄色がかっている